臭いを測定して住まいを綺麗にしよう|ハウスクリーニングマジック

掃除する女性

綺麗に仕上げる

掃除用スプレー

賃貸物件の原状回復は独自の依頼で行う事が大切

ハウスクリーニングの利用とは、普段の生活の中で利用する事が一般的ですが、賃貸物件における原状回復にも利用ができる物です。一般的な独身の方が住む1LDKの敷金は2ヶ月分が相場となります。家賃が8万円だとすれば、16万円が敷金となります。敷金とは本来、原状回復の意味合いが強く、クリーングのみであれば、それほどの費用は発生しません。貸主の中には、割高である業者に依頼をする事もあります。クリーングと偽って、リフォームを行ない、その費用を敷金から利用するかもしれません。諸費用を独自に費用として計上する可能性もあります。独自にハウスクリーニングの利用を行えば、敷金が全額返還される可能性もあります。個人で行うよりも、ハウスクリーニングを行う業者の方が安心ができる物です。領収書をコピーをして、貸主に提示する事もできます。貸主の返還意識を高める事にも繋げます。

ハウスクリーニングは敷金よりも安い

ハウスクリーニングは、業者によって利用料金も様々です。年末などは利用が多くなりますが、忙しくない期間は違う料金体系を設けている場合もあります。住宅の大きさによっても違いがあります。又、依頼する内容にも違いがあります。時間労働に対する一人当たりの依頼料金で言えば、時給に換算をして2500円からが相場になります。一人の方に、8時間行ってもらえば、二万円ほどが相場になります。早く行うために、人材を増やせば基本料金は高くなります。1LDKであれば、二人の作業員で5万円前後が相場とも言えます。ハウスクリーニングの費用と言うのは、敷金よりも低く抑えられる事が一般的です。貸主は、徹底的に原状回復させるべき内容をチェックします。貸主は、あくまでも素人であるため、ハウスクリーニングを行ってくれる業者のプロにお願いする事が無難と言えます。